フッターメニューへ

レーザー治療と光治療の違い

鏡を見るたびに気になるお顔のシミ。
美白化粧品や飲み薬ではなかなか効果が出ず、諦めかけている方も多いのではないでしょうか??

シミを自宅でケアするのではなく病院で治療をする場合、“レーザー治療”“光治療”という種類がありますが、違いをご存知でしょうか?
違いや特徴をよく知らずに治療を受けてしまうと「こんなはずではなかった!」ということが起こる危険性もあります。

そこでこちらのページでは、“レーザー治療”と“光治療”の違いについてわかりやすくご説明していきたいと思います。
「自分のシミに合ってるのはどれなの?」「結局どっちが効果があるの?」とお迷いの方はぜひご覧ください。

シミのレーザー治療と光治療

シミのレーザー治療と光治療の違いとは?

シミ取り治療を調べていると、レーザー、光、IPL、フォトなど、いろいろな名前の機器が登場しますよね。一体何が違うのでしょうか?

まずはそれぞれの特徴をわかりやすくご説明していきましょう。
種類は大きく分けて2つです。

①レーザー治療

シミ取りレーザー治療では、単一のレーザー光を凝縮し、高いエネルギーで放出する機器を使います。

レーザー機器にもいくつかの種類があります。
レーザー機器によって出すレーザー光の種類が異なり届く深さが違うので、シミの種類や状態に合わせて使い分けます。

レーザーの種類

引用元:聖心美容外科

シミ治療では、メラニンの色に反応する波長を出せるレーザー機器を使用し、シミやそばかすの原因であるメラニンを焼いて破壊することでシミを改善していきます。
照射した患部は火傷のような状態になり、数日でかさぶたができるので、綺麗に剥がれるまで1週間ほどのダウンタイムが必要です。

レーザー照射の流れ

引用元:聖心美容外科

レーザー治療の場合は、かさぶたができて剥がれるまでのダウンタイムが必要ですが、1回または数回でピンポイントにシミを取り去ることが期待できます。

代表的なレーザー機器
  • Qスイッチルビーレーザー
  • QスイッチYAGレーザー
  • アレキサンドライトレーザー
レーザー機器イメージ
シミ取りレーザーの種類

レーザー機器のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しています。一回で終わるのか、数回治療が必要なのか機器によって違うので、自分の目的に合わせて選択することが大切です。

②光治療

光治療は、IPLという特殊な光を放出できる機器を使って行います。
レーザー機器は単一の波長を放つのに対し、光機器はいくつかの波長を放出します。
ピンポイントではなく広範囲に照射することができますが、威力はレーザーよりも弱く、皮膚の奥深くまでは届きません。

光治療と波長

引用元:聖心美容外科

光照射を行うと、シミの原因のメラニンにダメージを与えることができ、お肌の代謝によって排出されていきます。
シミやそばかすのケア以外に、赤みの軽減、くすみ、色むら、ニキビ跡などの治療も可能です。

さらに、IPLはお肌を活性化する働きがあるので、 ハリ弾力アップ、小じわ、毛穴の引き締めなどの効果が期待できます。

光治療のイメージ画像

引用元:聖心美容外科

ダウンタイムはほぼなく、お肌に負担が少ないのが利点です。
しかし、1回の照射で症状の大幅な改善はあまり期待できず、定期的に繰り返し照射することでお肌の状態を徐々に改善していくことができます。

代表的なレーザー機器
  • フォトフェイシャル
  • ライムライト
  • フォトRF(オーロラ)
  • フォトシルク

レーザー治療と光治療の違いを比較

レーザー治療と光治療のそれぞれの原理や効果がわかったところで、特徴を比較してみましょう。

レーザー 光(IPL)
レーザーのしくみ
画像引用元:聖心美容外科
光のしくみ
画像引用元:聖心美容外科
光の種類 ほぼ一つの波長 複数の波長
範囲 ピンポイント 広範囲
深さ 表皮、真皮、皮下組織 表皮、真皮
照射時間 瞬間的(ナノ秒) レーザーより長い(ミリ秒)
威力 強い 穏やか
効果 シミ、そばかす、あざ 薄いシミ、色むら、くすみ、肌のハリ
痛み 輪ゴムで弾いたような痛み 軽く輪ゴムで弾いたような痛み
麻酔 希望をすれば局所麻酔も可能 不要
ダウンタイム かさぶたができ、1週間は保護が必要 赤みや細かいかさぶたができる事がある
照射回数 1回~数回 数週間のペースで複数回
費用相場 1回5mm 5,000円 1回10,000円

このように、

  • シミをピンポイントで確実に治療したいならレーザー治療
  • 薄いシミのケアや肌質を改善したいなら光治療

が適しているとわかりました。

費用面でもレーザー治療は数千円から治療を受けられますが、光治療は1回数千円~数万円を3~10回繰り返さないと効果を実感しにくいようです。

しかし、光治療は美肌効果やエイジング効果も期待できる点は魅力的
自分の肌悩みや予算、ダウンタイムが取れるかなどをよく考えながら選ぶようにしましょう。

レーザー治療と光治療の選び方

レーザー治療と光治療はどうやって選ぶ?

レーザー治療と光治療で迷ったら、どのような点で選べば良いのでしょうか??
おすすめの人の特徴をそれぞれご紹介します。

レーザー治療がおすすめの人
  • 目立つシミだけをペリッと取りたい
  • シミの色が濃い
  • 確実にシミを消したい
  • 何度も繰り返し通いたくない
光治療がおすすめの人
  • 薄いシミが気になっている
  • 薄いシミが広範囲にある
  • くすみや肌のトーンアップをしたい
  • 肌質の改善やエイジング効果もほしい

まとめ

シミのレーザー治療と光治療の違いについてご説明してまいりました。
どちらも効果が異なるので、自分の悩みに適した方を選ぶ必要があります。

色が濃いシミや加齢によってできるシミはレーザーの方が効果的と言われていますので、消したいシミがある方はまずは費用も手が出し安いレーザー治療から受けてみると良いかもしれません。
肌質の改善やエイジングケアにも興味がある方は光治療も視野に入れて検討しましょう。

どちらの治療も費用はクリニックによって差がありますので、まずは数カ所のクリニックの金額を比較してみてください。
もし可能であれば、カウンセリングを受けて詳しく説明を聞いてみましょう。
カウンセリングを無料で行っているクリニックもあるので、利用してみるのも良いでしょう。